お知らせ詳細

冬の幼稚園でのあそび

2021.01.25

サムエル幼稚園

サムエル幼稚園では、毎年冬に幼稚園から園児に年賀状を送らせてもらうこともあり、

お手紙がどんな仕組みでみんなのもとに届くのか、季節のお手紙の書き方について学ぶということなどの一環として、

郵便ごっこを行っています。

年少さん・年中さんはお友達に気持ちを込めてお手紙を書くこと、

年長さんはそれに加えてお手紙を配達すること、お手紙が配達されるまでに郵便屋さんがしてくれていることを体験しています。

お友達に向けて、お手紙を書いたみんな。

だるまや干支のうしといった冬らしいお手紙や、自由に書いたお手紙、気持ちがこもっていてかわいらしいですね。

さて、こちらは年長さんの郵便屋さん。

特設のサムエル郵便局で、お客さんを待っています。

出来上がったお手紙を持って、お客さんがたくさんやってきましたよ。

お手紙を出すには、「切手」が必要です。みんな、その切手を購入しに来たんですね!

大きな年長さんと小さな年少さん。身長差がすごいです笑

切手を貼ったら書いたお手紙を、送り主に配達してもらうために、郵便局のぽすくまくんのポストへ投函です。

最近は、お手紙を書く機会は日常ではあまりないかもしれませんね。

これでいい?と、先生に確認しながら、投函する姿も見られました。

ちゃんと届くかな?楽しみだね。

こちらまた、郵便屋さん。

投函されたお手紙をポストから出して、確認中です。

     

たくさんポストに入っていたお手紙を集めて、「消印」を押します。

どこで受け取ったお手紙だよという印ですね。

年長さん、一生懸命丁寧にスタンプを押しています。 

配達の準備が整ったら、クラスごとに分けて、袋につめて、

いよいよ配達です!

乳児棟にもお手紙を配達。いつもお世話になっている先生、給食の先生にも、ありがとうの気持ちを込めてお手紙を渡します。

 

各クラスにも、お手紙持ってきたよ~!と配達に行きました。

郵便屋さんになった年長さんも、お手紙を書いて配達してもらった年少さん・年中さんも、

とっても楽しそうでした。配達されたお手紙は、一旦回収して遊戯室に掲示し、みんなで楽しく鑑賞した後、おうちに持ち帰りました。

      

また、以前に陶芸教室で作った陶芸も、焼きあがって園に帰ってきました。

みんなで作った土粘土の制作も、遊戯室で鑑賞の後、おうちに持ち帰っていますので、作る過程での苦労や作品のことなど、

ご家庭でもきいてみてくださいね。

自分の顔や動物、お皿など、それぞれとても良い作品が出来上がっています。