お知らせ詳細

園内発表会

2020.02.15

サムエル旭丘幼稚園

2月14日(金)に園のお遊戯室で発表会を行いました。

この日のために、約2か月間練習を頑張ってきた子どもたち。

大勢のお客様に観ていただく日がついにやってきました。

代表のお友だちによる「始めのことば」でスタートしました。

トップバッターなので緊張したことと思いますが、堂々と話すことが出来ていました!

プログラム1番は年少ちゅーりっぷ組による劇「おおきなかぶ」です。

「うんとこしょ、どっこいしょ」

力が入っているところを、声と体の動きで一生懸命に表現しました。

劇を楽しんでいるのがよく伝わってきました。

プログラム2番は年長空組によるオペレッタ「ピーターパン」です。

子どもたちの歌が主となりお話が展開していく中で、台詞の言い回しも登場人物の心情をしっかりと表現しながら演じることができました。

劇中の大道具の出し入れや幕の開け閉めも子どもたちが担当していたんですよ。

まさにクラスが一丸となって作り上げたものとなりました。

プログラム3番は年中組による鍵盤ハーモニカ奏と合唱です。

毎朝必ず自主練習を頑張っていた年中さん。

立奏で吹くと一気に難易度が上がるのですが、毎日の練習の中で力をつけていき、みんな堂々と演奏することができました!

プログラム4番は満3歳みかん組による劇「とんでけ!ひこうき」です。

4月に1人から始まったにみかん組も今では15人に!

賑やかになりパワーアップしたお友だちが、今日は飛行機に乗ってお出掛けです。

途中には、パンダさん、ペンギンさん、ゴリラさんによる可愛いサービスもありました。

大勢のお客様にびっくりしてしまう姿もありましたが、みんなよく頑張りました!

プログラム5番は年少組によるリズム奏と合唱です。

スズと、カスタネットに分かれて演奏します。

少しでも動くと音が出る楽器を胸にぎゅっと押し付けて鳴らさないようにする姿が可愛らしかったです。

指揮の先生を見てお友だちとリズムを揃えて演奏できました。

「パンぱんだ」も、踊りを交えて可愛く歌えたね!

プログラム6番は年中青組による劇「金のがちょう」です。

金のがちょうを持ったトムを先頭に、次から次へと手がくっついていく様子がテンポよく表現できました。

ラストに鳴いたがちょうの声に、会場からも笑い声が!

息がぴったり合ったおもしろい劇になったね。

プログラム7番は年長空組による英語「Bus Song」です。

毎週英会話のレッスンを受けている年長さん。

日頃の成果の発表です!

きれいな発音で楽しく歌うことが出来ました。

プログラム8番は年中黄組による劇「おしゃべりなたまごやき」です。

王様がにわとり小屋の鍵を開けたせいでにわとりたちが駆け回りお城は大騒ぎ!

ステージの上でもそれぞれの役になりきった子どもたちが大騒ぎ!

幕裏でも「大変だ!たいへんだ!」と大きな声でサポートしていたんですよ。

臨場感あふれるシーン満載の劇でした。

プログラム9番は年少さくら組による劇「みつばちマーヤ」です。

マーヤと仲間たちとの前に現れたのは暴れん坊のクマンバチたち。

平和を守るために力を合わせて戦うシーンは年少さんとは思えないほど迫力満点でした。

台詞を覚えるだけでも大変なのに動きも上手に表現できたね!

プログラム10番年長空組による合奏と合唱です。

ラストは幼稚園最後の発表会となる年長さんです。

ハンドベルの音色がオープニングを飾り、11種類の楽器を使った合奏です。

限られた時間の中で行う練習は想像以上に大変でしたが、それぞれの子どもたちが精いっぱいの努力を積み重ねた素晴らしい演奏となりました。

 

合唱では歌詞の意味をしっかりと考え、強弱にも気をつけながら心を込めて歌うことが出来ました!

卒園後は離ればなれになる空組さん。歌詞の中にもありましたが、「一人じゃないよ、みんな空の下」だからね。

そして、年長組の2人のお友だちによる終わりのことばで幕を閉じました。

 

子どもたち一人ひとりの一生懸命な姿がたくさん見られた発表会になりました。

発表会の頑張りが、きっとみんなの力になるはず!